●入荷●自然派ドイツワイン!

今日は月末の月曜日のせいか、
銀行はどこも外まで人が溢れ長蛇の列でした!!
.
さてさて、
2月最後の投稿は新しいワイナリーさんにします!
.
ワイナリー:フィリップ・ラルド
つくり手 :フィリップ・ラルド
地域   :ドイツ、モーゼル
ワイン:
1)コンタクト・ヴァイス2020/白
 リースリング60%、ミュラー・トゥルガウ40%
.
2)デァ・グラーフ2019/白
リースリング
.
●ドイツワイン=甘いのは昔の話
先日も書きましたが、
20年程前にドイツは辛口に転換しています
昔飲んだままの印象の方は
是非アップデートかけてくださいね^^
.
●フィリップ・ラルドとは?
フィンランドで生まれ、
オランダのアムステルダム育ち
.
2013年のモーゼルでのぶどう収穫をきっかけに
モーゼル川のプンデリッヒ村に引っ越し
.
2015年、2016年は仏のアンリミラン等で研修
.
モーゼルの真の可能性を見出す数少ない造り手
世界一の急斜面の畑を丹念に整備し、
ミネラリーで官能的なテロワール
からゴージャスでサテンのようなテクスチャーのワインを生み出す将来性豊かなつくり手
.
●モーゼルってどこ?
ドイツの西側に位置し、お隣はルクセンブルク
モーゼル川243kmの流域+支流のザール川、
ルーヴァー川流域に及ぶ一帯を指します
※地図を載せておきますね
.
●モーゼルの特徴
なんと言っても急勾配!
約4割が斜度30%、最大65%!
(五輪ハーフパイプが斜度15%)
急斜面とその下を流れるモーゼル川からの
反射を利用して効率よく日光を集めて
葡萄栽培に活かしています
.
●辛口ワインと葡萄品種
前回の記事で、
辛口ワインへの転換とそれに伴う
品種の植え替えについてご説明しました
.
そう、植え替え対象になり
激減しているのが
ミュラートゥルガウでしたよね
.
世界市場を見据え、
現状維持のリースリング(103%)
激減のミュラートゥルガウ(53%)
それらを使ったワインです
※データは1995年比の2017年栽培面積
(ドイツ連邦統計局)
.
●じゃあ勝ち組は?
国際市場で戦うために植えられているのが
国際品種とされるブドウです
.
白:シャルドネ 735%
赤:ピノノワール 163%
.
計算間違い?
じゃないんです・・・
シャルドネの作付面積:
1995年271ha
2017年1991ha
.
なんか、ミュラートゥルガウが
不憫に思えてきますね^^;;;
人と同じで、
それぞれ個性があって良いと思うので
馴染みの無い品種かもしれませんが
古来ドイツの代表品種だった子なので
飲んでみてもらえたらと思います
.
以上、ソムリエ店主真々部でした!
.
#VINSY #東中野VINSY #ヴィンジー #自然派ワイン専門店
#自然派ワイン #ナチュラルワイン好き #自然派ワイン好きな人とつながりたい #ナチュラルワイン好きな人とつながりたい #ワインスタグラム #ワイン女子 #自然派ワイン女子 #ヴァンナチュール
#ソムリエのいるお店 #ドイツワイン #フィリップラルド #PhilipLardot #モーゼルワイン #リースリング #ミュラートゥルガウ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA